mainimage02
mainimage04
mainimage01
Meeting
your expectations
習志野の不動産売却の相談役
お客様の気持ちに添ったサービスが信条
Concept

有利な不動産売却プランを習志野近隣の皆様にご提示

特殊なご事情を含む習志野の不動産売却にも対応

地元に根ざした習志野の不動産管理の専門家として、不動産売却に関するご相談を全般的に承っております。資金運用・物件の資金化は元より、相続物件・離婚時の空き家などの特殊なご事情を含む不動産売却のご相談にもフレキシブルに対応しています。

「お客様目線」の気配りの行き届いたサービスを信条としており、お客様と二人三脚の密なパートナーシップを築いて、マンション・空き家・土地をメインに習志野近隣の様々な物件売却の対応に尽力してまいります。可能な限りお客様にとって有利な売却プランを構築して、ご提示してまいります。

Q&A

不動産売却サービスの詳細について習志野の皆様に解説

  • 住宅ローンが残っていても、売却は可能でしょうか?

    可能です。売却が完了した際にローン全額を返済するという条件があります。現在のローンがどのくらい残っているか、

    事前に確認しておきましょう。

  • 訪問査定は無料ですか?

    はい、無料です。査定方法には2つありまして、机上査定と訪問査定があります。

  • 売却のために、仲介手数料以外に広告費などが発生しますか?

    原則、仲介手数料以外、広告費をいただくことはありません。

  • 仲介手数料はいつお支払いすれば良いのですか?

    不動産売買は成功報酬です。よって買主様が見つかり物件引渡し時にお支払い頂きます。

Access

事務所を習志野に置いて近隣の不動産売却の相談に対応

概要

会社名 株式会社アイエ
住所 〒275-0016
千葉県習志野市津田沼5-12-12
サンロード津田沼ビル1階
電話番号

047-451-6501

047-451-6501

営業時間 9:30 〜 19:00

アクセス

主に習志野市・八千代市・船橋市を不動産売却サービスの対象エリアとして対応し、習志野市に事務所を構えながら、不動産売却全般のご相談にフレキシブルに対応しています。資産運用・現金の調達を目的とする仲介売却だけでなく、相続物件・離婚などによる空き家の整理などを目的とするご相談にも、実務経験豊富な不動産管理のプロとして、適切に対応いたします。

About us 二人三脚の丁寧な不動産売却サービスを習志野で展開

気の利いた不動産売却プランを構築して習志野近隣の皆様にご提示

物件の売却のご相談を習志野を中心にオールマイティーに承り、お客様のご要望・条件について詳細情報を正確に把握した後に、お客様のご意向に適った売却プランを構築してご提示いたします。資産運用・物件整理など、習志野近隣のお客様の不動産売却におけるニーズや目的・事情などの諸情報をプロの見識でしっかり精査して、最良の手法・手順を模索しながら丁寧にご対応してまいります。ご紹介する売却手法については、それぞれのメリット・デメリットについてしっかりご説明し、お客様に常にご納得いただきながら、二人三脚の密なパートナーシップを築いて手続きを進めてまいります。

不動産売却においては、可能な限り資産価値を高めて売却するために経年劣化・築年数に配慮する必要があります。築年数が浅い方が経年劣化が進んでいないと評価され、売却査定においてもより高値を設定して売却活動を進めていけますので、不動産の売却を思い立った暁には、より早期に売却手続きに着手することをおすすめします。尚、習志野近隣の不動産売却に関するお問い合わせは、随時お電話・メールフォームにて承っております。

空き家対策の一環として習志野近隣で不動産売却の利用を推奨

昨今の少子高齢化のあおりを受けて社会的に空き家の増加傾向が指摘されていますが、こうした空き家の管理が滞ってしまうと近隣の迷惑に発展する可能性があり、習志野近隣でもその対策の重要性が近年注目されています。不動産売却業務をメインとする習志野の不動産会社として、不動産売却による空き家整理のメリットについて詳しくご説明しながら、習志野近隣の空き家の管理を手厚くサポートしています。

「住まないのであれば片手間で対応する程度で問題ないのではないか」とお考えの方もいるかもしれませんが、空き家は放置しておくと様々なリスクを発生する可能性を秘めていますので、留意点をよく認識しておくことが大切です。庭の樹木の枝葉・雑草の放置は間延びして近隣の敷地や公の道路に侵入することがあり、換気や水回りの手入れが行き届いていないと害虫・カビ・異臭などが発生して近隣のクレーム・建物の劣化に進展したりします。そうした様々な好ましくない事態に進展しないように普段から物件の管理に配慮する必要がありますが、普段の生活が忙しくて手が回らない場合は、不動産売却サービスを利用して管理の手間からの解放と資金化を選択するのも一案です。