居住中の不動産のご売却に際して

query_builder 2021/11/19
ブログ

今お住まいになっている家(不動産)を売却される方の多くは「見栄え」を気にされます。

「空室にしたほうがいいのでは?」「リフォームしたほうがいい?」とお悩みになる方もいらっしゃいます。



結論から申し上げれば、居住中だからといって「見栄え」をそこまで気にする

必要はありません。


◆空室にしたからといって価値は変わらない


自己居住用の不動産の多くが、居住中の物件です。

たしかに空室にしてリフォームを行い、モデルルームのように家具や雑貨を配置するれば、

成約にいたる可能性は高まるかも知れません。

しかしこれは机上の空論であり、実際に早く売れるのかはやってみないとわかりません。



さらに、ご転居いただく時間と費用を考えてもなお「利益があるか」といえば、その可能性は低いと言えます。

居住中であっても、空室であっても、物件の価値は変わりません。

また、お金をかけてリフォームしても、リフォーム代を上回る差額が生じるかといえばそうも言いきれません。

居住中の物件は「そのまま」の状態で売却することが多いです。


◆ご苦労が多いことは事実かも知れません


売れやすくするためだけに空室にしていただく必要はありませんが、居住中の不動産の売却は家族にとって負担となる可能性があります。


住んでいる家に内覧者をあげることになりますので、掃除の手間が増えたり、売却期間中は休日にお出かけしにくくなったすることもあるでしょう。

また稀に「今から見たい」をいうお客様もいらっしゃいます。

もちろん不動産会社は売主様のご都合に配慮するものですが、急に内覧を希望する方は即決しやすい傾向にあるため、できる限り対応されたほうがいいと言えます。



売却のチャンスを逃がさないためには、売却期間中は常に気を張っていただくことになるため、ご苦労は多いことと存じます。

しかし、この時ばかりは少しのご苦労をご負担いただき、不動産会社と協力して早期の

売却を目指していただけますと幸いです。


株式会社アイエでは習志野を中心に八千代市、船橋市、千葉市の様々な不動産売却に 対応しておりますので、お気軽にお問い合わせください。 あなたの不動産売却の成功に親身になってご対応いたします。

NEW

  • 居住中の不動産のご売却に際して

    query_builder 2021/11/19
  • こんな「担当者」は良くない!

    query_builder 2021/11/08
  • 「担当者」を査定する!

    query_builder 2021/09/20
  • 「不動産会社」を査定する!

    query_builder 2021/09/16
  • 不動産を「売る」「貸す」で悩んだら!

    query_builder 2021/09/06

CATEGORY

ARCHIVE