査定時の高額査定には要注意!

query_builder 2021/08/13
ブログ

不動産の売却査定価格とは!


査定価格とは、現在の市場価格、近隣の相場などで算出された不動産の価額のことで、

実際に売却できる価格ではありません。

不動産会社の中には、市場価格とかけ離れた高額売却査定をしてくるケースが多々あります。

不動産の査定をする場合、ほとんどの方が一括査定サイトを利用し、複数社に依頼すると思いますが、その時、他社と比べて明らかに高い査定額があってもその金額だけに目を向けず、慎重に考えてみてください。    




専任媒介契約の結ぶことにより…


市場価格以上の高額査定をする不動産会社は「売りたい」というお客様を見つけ、「専任媒介契約」を結び、売却活動を任せてもらえば、たとえ他の不動産会社が購入希望者を見つけても、売主様からの仲介手数料が必ず自分のところに入るからです。

そのため自社(担当者)の利益しか考えず、自社(担当者)の都合を最優先にして売却物件をコントロールする不動産会社は「この会社に依頼すれば高い価格で売ってくれる!」と思わせるために高額査定を出すのです。  


 1000_F_449136558_mGLggXQyKZC7MR2MPVdiOMTgpFoQYOBo.jpg


例えば、相場ではどう見ても2000万円の物件を2500万円と査定するといったことです。

他社よりも明らかに査定額が高くなりますから、「高く売れる!」と思ったお客様から物件を預かることができます。  


ここに落とし穴があるといっても過言ではありません。  


「査定額」と「実際に売れる価格」は違います。

買う側の立場で考えると分かるのですが、不動産の価格には「相場」があり、買う側は相場に合った価格でしか買いません。

そのため相場とかけ離れた金額では、実際に販売活動を始めても反響や内覧がないまま時間が過ぎしばらくすると平気で「高いから売れません。価格を下げましょう」となるケースがとても多いのが現状です。

売る側は、焦るあまり値下げを余儀なくされます。 不動産会社からしてみれば、販売価格の値下げをしてもいただく仲介手数料は、さほど変わりがありません。  


こうなると結局、ムダな時間がかかって早期売却できなかった上、かなり安く売ることになるので、高い査定額に期待していた分、がっかりすることになってしまいます。  



 このようなことは売る側にとってなんのメリットもなく、残念ながらこうした不動産会社が存在するのも事実なのです。  


せっかくの大事なご資産を少しでも高く売りたいと思うのは誰でも同じです。

そのためにはまず複数社に訪問査定依頼をすることはもちろん、いろんな不動産会社比較する際、「査定額が高いか安いか」ではなく、本当に信頼して任せられる不動産会社かどうかも合わせて判断することが大切です。


まとめとしては、


なぜその査定額になるかといった根拠はもちろん、いいことも悪いことも説明してくれる担当者か、対応が丁寧か、親身になってくれるのかといった様々な要素を見比べて依頼するようにしましょう。  


株式会社アイエでは習志野を中心に船橋市、八千代市をメインに不動産売却のプロとして適正価格を提示し、現実的に売れる範囲で少しでも早く少しでも高く、トラブルのない売却活動を行うよう努めています。他社に依頼していて反響、内覧がない、依頼している売却活動が正しいか、査定額が適正か知りたい、そんなご相談もお気軽にお問合せください。

NEW

  • 一括査定サイトを活用するときの注意点!

    query_builder 2022/01/11
  • 不動産会社を途中で変えることも可能!

    query_builder 2021/12/18
  • 居住中の不動産のご売却に際して

    query_builder 2021/11/19
  • こんな「担当者」は良くない!

    query_builder 2021/11/08
  • 「担当者」を査定する!

    query_builder 2021/09/20

CATEGORY

ARCHIVE